インテリアのプロに聞く!我が家に最適な収納スペース

インテリアのプロが収納にこだわる理由

部屋の綺麗さを左右するのは、ほとんどの場合収納の大きさがその家庭に適しているのかという事です。なぜなら収納があれば小物類やその辺に散らばっている新聞、服等全てしまう事ができるからです。なのでインテリアのプロは部屋を作る際、いかに収納ができるかをこだわる人が多いです。
その際家族構成や住む人の性格によって、最適な収納は大きく変わります。ざっくり分けると性格的に細かい作業が得意であれば仕切り付きの収納、わりと大雑把で整理が苦手ならとにかくしまえる大きな収納等です。また家族構成については夫婦だけならインテリアとして飾りながらの収納が可能ですが、小さい子供がいるなら子供の手が届かない場所にしまった方が良いと言えます。

プロが教える家に合わせた収納術

家族構成に沿った収納が理想ですが、家の作りによっても収納は違います。階段下、玄関横等様々な場所に収納できる所がある家は良いですが、中には収納場所がなかったりあっても使い勝手が悪く使えないという家もありますよね。
万が一収納がない場合は収納場所を作る事で解決ですが、この時むやみに作ると部屋が狭く感じてしまう恐れがあるので注意が必要です。なので収納スペースが少ない人は、今ある収納スペースを有効に使えているのか見直すと良いです。例えば押し入れに棚を備える事によって何段かに収納できる様にしたり、フックで上から吊るしたり等です。それでも収納が足りない時はなるべく部屋の家具と同系色の収納器具を置くと圧迫感が減らせます。